« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005.09.27

「愛・地球博」第41弾 未来へ!

半年間に渡る愛・地球博が閉幕しました。

終わってみたら「あっ」という間の半年間で、今となってはもう少しここを見ておけば良かったとか、朝一で並んででも記念品を貰っとけば良かったなどと思うことがいくつもあります。

でも、とても楽しい半年間でした。

雪の日やカンカン照りの日。近くの公園の方が人が多いんじゃないか?という日や、入場制限まで出た日。ホントにいろいろありました。

そして、この愛地球博は日々改善(成長)する万博でした。
弁当対策やリニモのラッシュ対策、日除け雨よけ暑さ除け対策、案内板対策など、開幕当初に比べ日々改善が行われ、押し付けの「見せてやる」的なものではなく、皆でより良い万博にして行こうという成長する万博であったと思います。

9月25日で愛・地球博(愛知万博)は終わってしまいましたが、万博史上初となる市民参加や、環境博という別名もあるくらい環境に配慮した数々の試み。
こうしたものは、次回以降の万博にも受け継がれたり、万博の枠を超えて各個人の今後の生活環境を変えていくものだったと思います。

愛知県館 スタッフ総出でお別れ

世界では飢餓や病気などのために3秒に一人の子供が亡くなっています。また地球温暖化のために永久凍土や氷河の氷が溶けてしまったり、そのせいで将来南の島が水没してしまったりという事実もあるけど、「我々の子供たちのために。5000年後の家族たちのために。(by 長久手愛知県館「地球タイヘン大講演会」より)」、私達に何ができるのか考えさせられる万博でもあったと思います。

もう生涯で二度と体験できないかもしれない日本での万博を経験することができてとても良かったと思います。万博関係で働いていた方々本当にお疲れさまでした、そしてありがとうございました。

西ゲートでのお別れ

万博への訪問回数・・・40回
サラリーマンのわりにはよく行きました(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.24

「愛・地球博」第40弾 愛知県館目標達成!

愛・地球博も残すところあと2日。

今まで3連休の中日はものすごく混んでいて先週も28万人という人出だった。ということは、今日は閉幕の前日、 さぞかし混んでいるかと思いきや朝の開場の時だけであまりたいした人出ではなかったみたいです。

明日の閉幕式もたいしたことないのだろうか?それはそれでありがたいのだが・・・・・・

長久手愛知県館

ところで、長久手愛知県館で開催されている「地球タイヘン大講演会」 が一つの目標であった3300回の講演を達成しましたo(^o^)o!

愛知万博の数あるパイリオンの中で、笑いが起きるパビリオンは他にはなく、 笑いと真面目を両立させながらの3300回はタイヘンだったと思います。私も見に行きましたが、博士が4人、 妖精が4人も出てきてカーテンコールを行ったのは圧巻でした。

地球タイヘン大講演会

あと、1日となりましたがもう少し頑張って欲しいです。

明日の混み具合はどうかなぁ?


今までの万博訪問回数・・・39回

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.19

「愛・地球博」第39弾 入場制限

3連休の二日目18日、とうとう入場制限がかかってしまいました。

私は19日に行く予定が日程が狂ってしまい、18日に混んでいることを覚悟で行ってきました。

私が入場したのは12時、入場制限がかかったのは12:30~50分からということでギリギリセーフで中に入ることができた。

この日は混んでいることは覚悟していたので、北ゲートからの入場は止めて、 東ゲートからの入場を試みて結果的にはこれが正解だったことになる。たぶん北ゲートから入ってたら入場制限に引っかかっていただろう。 だって、昼前の段階で朝の開場とかわらないくらいの人が並んでいたので、あれではとても12時には入ることができなかっただろう。

中に入ってみると、入場制限がかかっているとはいえものすごい込み具合で、さすが28万人の入場者を記録しただけのことはある。

そんな中、家を出て入場するだけでも疲れてしまった私は、疲れと渇きを癒すためにアンデス共同館で売っている「カムカム」 というビタミンCたっぷりのジュースを飲みに行き、やっと生き返ることができた。

カムカム

このカムカムはビタミンCたっぷりだが特に酸っぱいこともなく、とても飲みやすいジュースで、1杯350円。 もう少し大きいコップで中身も濃くなっている「スーパーカムカムジュース」というものも売っている。

疲れて喉が乾いたという人は是非飲んでみて欲しい。アンデス共同館はだいたいすぐに入れるし、 ショップと食べ物なら出口側から入れそうなので、いつでもOKだ。

今までの万博訪問回数・・37回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.17

フィジーに決定!

遅ればせながら、やっと10月8日から夏休み(って、もう秋じゃん)を取ることになりまして、 今月に入ってからいろいろと行き先を探していたのですが、やっと決定しました。

今年はフィジーです。

10月という中途半端な時期とはいえ、さすがに1ヶ月を切ってからの行き先探しは苦労しました。

当初モルディブなら90以上もリゾートがあるのでなんとかなるだろう、とも思って探したのですがそんなに甘くはありませんでした。

半分クローズのようなところとか、メインレストランが改装中みたいなところは空いていましたが、 待ちに待った夏休みですしせっかく数十万も出して行くんですから、せめてまともにオープンしているところに行きたいということで、 モルを諦め、フィジー方面を探しました。

しかぁ~し、ここでも時既に遅し。「お、ここなんかヨサゲじゃん」って思ったところはことごとく「フル」の状態で、空いていません。 しかもここ最近フィジーはオーストラリアやニュージーランドからのお客様が多いらしく、日本人のようになかなかキャンセルはしないので、 「待っていても空くことはないでしょう」と旅行会社からの冷たい言葉。。。 ○| ̄|_

でもここで諦めてしまうと、せっかくの夏休みが近場温泉旅行になってしまいそう(温泉は温泉でいいんですが。。。)な雰囲気。 それはさせじといろいろ探した結果、フィジーの中でも比較的リーズナブルながら、スノーケリングには最適なところで、 食事もそれほど悪くなさそうということで「トレジャーアイランド」に決定しました。

フィジー自体が初めてなのでとてもワクワクしています。あとは天気かぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.12

「愛・地球博」第38弾 世界一の金魚すくい

先週の金曜日から3日間に渡って愛知県館お祭り広場にて、弥富町の日と称して「世界一の金魚すくい大会」が開かれました。

弥富町は金魚の生産販売が日本一のところで、名古屋では金魚と言えば弥富というくらい金魚では有名な土地です。

金魚すくい1

金魚すくいは、なんと全長120mにもなる水槽に約7万匹の宇宙金魚が入れて、 一度に200名もの人が一斉に行うという豪快なものでした。

金魚すくい2

お祭り広場では金魚すくい大会だけでなく、さまざまな種類の金魚が展示されており、 さらに金魚だけではなく宇宙メダカも展示されておりました。

宇宙メダカ

宇宙メダカ、宇宙金魚ってなに?って疑問に思う人もいるかもしれませんが、 これらはそれぞれ平成6年に打ち上げられたスペースシャトル「コロンビア号」に同乗したものを言い、今回やってきていたのはその子孫達です。

金魚すくいに参加人たちは参加賞として宇宙金魚をもらっていました。

金魚って、長いものは15年くらいは生きるんですって。そういえば実家の金魚も10数年経っていたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.06

「愛・地球博」第37弾 パビリオンだけじゃない2

今回はコモン6。

何度も言いますけど万博はパビリオンだけじゃないんです。

例えばシンガポール館のショー。シンガポールは多民族国家で、中国系、インド系などいろんな種類の民族が入り交じっていて、 一度にいろんな国のショーを見ることができる。このショーは通常並ばなくても見れるので是非見てください。楽しいですよ。

シンガポール館のショー

そして、オースオラリア館前ではアボリジニーによる楽器演奏が行われている。 ちょうどこの時はディジュリドゥーという楽器を吹いていた。真近で見ることはなかなかないと思うので、ブゥーワァー、 ブゥーワァーってやっていたら足を止めて是非見て欲しい

ディジュリドゥー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »