« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.15

富士見の里 昔の前津

先日、名古屋市博物館で開催されている「富士見の里 昔の前津-江戸から昭和-」を見てきました。

昔の前津

前津とは今の名古屋市中区上前津周辺のことで、今でこそオフィスビルやマンションが立ち並んでいるが、 その昔はとても風光明媚な場所だったらしいく、かの葛飾北斎も冨獄三十六景の中で「尾州不二見原」 という上前津にあった富士見原(不二見原)を描ている。

江戸時代の上前津は「前津小林村」と呼ばれ、城下町に隣接していることや、「富士見原」と呼ばれる眺望の良いところがあったため、 武士や町人の別荘があったり、画家などの住居などが点在していて、あの尾張藩兵法指南役の柳生連也(名は厳包(としかね)) も晩年は前津小林に屋敷を賜っていたそうだ。

展示物の中で一番面白かったのは、江戸時代から現在に至るまでの地図で、 現在の中警察署があるあたりは昔大きな池があったから今は大池町というのか。。。とか、 新堀川はその昔精進川と呼ばれるよく氾濫した川だったのか。。。など、現在とのギャップがとても面白かった。

上前津周辺に「ゆかり」がある人は是非行ってみて欲しい。昔の上前津はどんなところだったのかがわかってとても面白いと思う。 今住んでいるところはその昔飴屋町と呼ばれていた所かもしれないよ(^w^)

名古屋市博物館
住所  :名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
電話  :052-853-2655
開館時間:午前9:30~午後5:00(入場は午後4:30迄)
休館日 :毎週月曜日(休日の場合は直後の平日)
     第4火曜日(休日を除く)
交通  :地下鉄桜通線桜山駅4番出口から徒歩5分
駐車場 :1回300円(70台分)
HP  :
http://www.museum.city.nagoya.jp/


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.10

W杯サッカーに便乗

いよいよ始まりましたワールド・カップ(W杯)サッカー!

先回の日韓共催の時は視聴率が66%にもなったときがあるとかで、今回もその人気は衰えていません。

で、そのサッカー人気にあやかろうと、いろんなお店ではワールド・カップ商戦花盛り。

そんな中、星ケ丘三越でもやってました。

ドイツといえばビール! ドイツのスタジアムで売られているビールを飲んでサッカーを見よう!

ということで、まんまと買ってしまいました(^^ゞ

ドイツのビール

しかも、「このチーズもドイツでは有名で美味しいですよ!」。

「えっそうなんですか?じゃあ買おうか」 Σ(´Д`lll)エエ
まーなんて、わかりやすい人たちなんでしょ ○| ̄|_

まだ、日本戦は先ですが盛り上がりましょう!

そういえば、僕たちそんなにサッカー好きだったっけ?(;´Д`)ノ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.03

奈良・東大寺

先週、奈良へ行ってきました。

奈良には確か中学生の修学旅行以来行ったことがなく、京都には行くのになぜ奈良には行かないんだろう?  と話していたら行きたくなってきて、ものすごく久しぶりに修学旅行の思い出の地、東大寺、奈良公園、若草山、春日大社へ行くことにした。

名古屋から奈良に行くには国道25号線(通称:名阪国道)を通っていくのが一般的で、昔と比べてとても走りやすい道になっている。 約2時間くらいで着いてしまう。

名阪の終点は天理で、天理教の大本山があることでも有名。その天理ICから北へ行くと東大寺、春日大社、 若草山などの修学旅行で必ず訪れるところに行くことができる。

行った日は日曜日だったのだが、修学旅行生だらけという感じで今も昔も変わらないなぁと思いつつ、土産物屋を見ると、 何故か木刀を買っている中学生がいた。いや~これも変わらないなぁ。

でもなんで木刀なんだろう???結局邪魔になるだけだと思うんだけど。。。

東大寺

じゃ~ん。東大寺!

いや~でかい!! この写真でも人間が白い点の様にしか見えない。

そして、

奈良の大仏

ど~ん。奈良の大仏です。これも大きい! 写真の下のちょい左側に住職らしき紺色の服を着た人がいますが、 大仏の大分手前にいてこの差ですから、ホント大きいです。皆様にもご加護がありますように。

中学生の時と違い、東大寺周辺をすべて回るのは過酷過ぎるので、この日は少ししか回らなかったけど、結構面白いです。

中学生の時はあまり良さがわからなかったけど、この年になってきて良さとか、面白さがわかってきました。

名古屋からならたいした時間はかからないので、今度は斑鳩や飛鳥なども回ってみたいな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »