« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008.11.25

ジミー大西「夢のかけら展」

24日まで名古屋三越7階催事場で開催されていた、ジミーちゃんこと、 ジミー大西画伯の個展を見てきました。

 「夢のかけら展-色彩の渦と創造の軌跡」と題した画集出版を記念した巡回展で、 全国の三越で順番に開催されてます。

ジミー大西さんは、とある番組の企画で絵を書くことになり、 その絵がいきなり33万円の値がつくところから始まり、岡本太郎さんとの出会い、スペインへの武者修業など、 一気に画家としての道を歩みだします。

今回の個展の中では、1992年の絵を書き始めた頃から現在に至までの絵が順を追って飾られており、 段々絵の描き方が変わってきたのがよくわかります。

初めの頃の絵は、カラフルだがドーンと大きく描かれることが多かったのですが、スペイン修業や、 世界ウルルン滞在記で行った世界各地の風景を見聞きするうちに、より緻密で繊細な絵に変わっていました。

そして、絵以外のオブジェや、ワインのラベル、巨大な天然ガス タンカーのタンク(直径45m)にまで絵を描いたりと、 ますます活躍の場が広がっているみたいです。

ジミー大西さんの絵はとてもカラフルで、パッと見は何の絵が描かれているのかわからないけど、いろんな方向から見ることにより、 隠し絵的に動物や鳥、人間が描かれていて、1枚の絵でいろんな創造を掻き立てられる、とても惹きつけられる絵だと思います。

名古屋では星ケ丘三越で、来年2009年9月16日~見られるそうですので、その時は是非行ってみてください。

とても楽しい気分になる絵、ばかりですよ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »