2012.08.26

トラベルプリペイドカードという選択

毎回海外旅行に行く時、悩むことの一つに、「現金」をいくら持って行こうか?というものがある。

今回は特に初ヨーロッパということと、いわゆる団体ツアーという感じなので、まったくもっていくら現金を持って行っていいのかわからない。

しかも、スペインスリ窃盗が多いwobblyということで、現金をたくさん持ち歩くのも怖いし、クレジットカードもあまり持ち歩かない方が良いのか?ということでますますわからない。

そんな時、見つけたのが↓これ。
http://www.visa-news.jp/go/prepaid/

トラベルプリペイドカード」というもの。

クレジットカードの様だけど、プリペイドということだけあって、日本で例えば10万円とか20万円というお金をチャージしておく。

で、海外に行った時に、銀行のATMで現地の通貨で引き出すか、VISAカードが使える店なら、まったくクレジットカードの様に使用することも可能なんです。

しかも!複数の国に行く場合、いちいち現通貨に両替しなくてもこれ一枚で大丈夫!

しかもしかも、今までのように現地通貨に両替するより手数料がかなり少ないんです!お得だと言われるクレジットカード支払いよりさらにお得なのです。

なんと便利なhappy01

ということで、さっそく申込をしましたぁ。あと、何が必要かなぁ???

旅行って、行く前もかなり楽しいよねsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.04

2012年夏の旅行先決定!

今回は私達には珍しく、ではなく、です。

しかも、初ヨーロッパshinesign03

で、ヨーロッパの中でも、どこかと言うと、スペインnote です。

フランスとか、ドイツイタリアみたいな王道じゃないところが私達らしいhappy01

実際、イタリア(でも南イタリアが候補地だったからこれも私達らしい。。)は第二候補として少し悩んだけど、日程の都合や最少催行人数の関係で本命のスペインとなりました。

いや~今回初ヨーロッパということで、今まで考えたこともなかった「最少催行人数」というものに翻弄されました。

今までだと、第二候補くらいの行き先、第三候補くらいまでの出発日を考えて、旅行会社に行って、ホテルの状況、飛行機(エアー)の状況によって、日をずらすか、ホテルを替えるかを悩む、オールクリアなら予約するというパータンでした。

でも今回は、「お客様、そのお日にちですと、ホテルもエアーもOKですが、今この時点で申込者が0人ですから、このままツアーの締切日まで待っても最少催行人数の10人までは集まらない可能性が高く、そうなりますとツアーとしては成立しませんので、ご出発1週間くらい前になって、ツアー中止、ということになってしまいます。」

えぇ~~sad なんだぁその制度は。

ということで、じゃあ成田出発は?関空出発は?こっちの旅行会社は?この日なら?もうスペイン諦めてイタリアは?...

ってな感じで、パンフレットをしこたま持ち帰って、何回か旅行会社に通って、検討に検討を重ねました。

そこで思ったのは、やはり競争が激しい成田発のツアーは料金も安いし、ホテルもいいところだし、なんといっても最少催行人数shine2人shineからという有って無いような感じになっている日が多い。

それに比べて、中部空港発は、最少催行人数が10人というものが多いし、料金も1~2万高いし、ホテルは繁華街から少し離れているし、と、せっかく地元愛から中部空港発のツアーで行こうと思っていたのに、ことごとくダメ、という結果になってしまった。

中部空港が悪いのか、ツアー会社が悪いのかわからないけど、どちらにしろもっと頑張って欲しい!

でもまあ、国内線乗り継ぎということで中部空港は利用するから、少しは貢献してるかな。

ということで、海外旅行には?私達には?付き物のちょっとしたトラブル、略して「ちょトラ」が早くも発生。これからどうなることやら。。。

続く。。。。。たぶん(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.21

潮干狩り

30年振りくらいで、潮干狩りに行って来ました!

Shiohigari01
ここは、南知多道路の最終IC豊丘を降りて左手の方にある「矢梨潮干狩場」です。

ちょっと石がゴツゴツしていますが、たっくさん捕れます。

Shiohigari02
この写真は、捕れた量の1/4。

まず、大人一人1100円を払って、1.3kg入ると言われる青いアミアミ(よく、みかんが入っているやつの青色版)の入漁袋を渡されます。

最初はちっちゃいなぁ~って思うんですが、実際家に帰って、ザルとかに入れ替えてみると、その量の多さに驚きます。

そしてこの袋、きっちり袋の口を締めないとダメ、とは言われていませんので、パーパーのまま詰め放題な感じで入れますので、2人ならすごい量です。

当然、お裾分けしないと食べきれません。。

で、何日か続いた、ある日のアサリ料理。

Shiohigari03
プリプリで美味しいかったぁ~

奥の干物は、矢梨潮干狩場からすぐ近くにある、魚太郎という鮮魚市場で買った、あじの干物です。
これもめちゃめちゃ脂が乗っていて美味しかったなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.04

フィジーに行ってきましたぁ~

フィジーはやっぱり透明度が高く、サンゴが元気で、お魚いいっぱいでしたぁ。

今回行った島は、マタマノア島というなかなか日本人の予約が取れないリゾートで、私達が行ったときも、東洋人は私達と個人旅行で来ていた一人だけ。

あとは多い順に、オーストラリア、ニュージーランド、イタリア、スイス、ドイツ、メキシコという感じで、やはり3時間ちょいで来れるオーストラリアとニュージーランドは多かったですね。

また、この島は12未満の子供の受け入れはしていない、ということで、とても落ち着いた雰囲気の大人な島でした。

20110719073640165_1_2

サンゴが隆起してできたモルディブとは違い、フィジーはどちらかと言うと、このようにこんもりとしたハワイのような島の成り立ちみたいです。(前回行ったトレジャーは平べったい島でしたが。。)

この島は、今まで行った島と違って、メインビーチの反対側は断崖絶壁のような感じなっていて一周回ることができませんでした。ちょっと残念だったかな。

下の写真は、私達が泊まったブレ(コテージ)の目の前にあるビーチです。ドロップオフからくっきり色が違うのがわかりますね。ワクワクo(^o^)o!

20110717085301226_1

海に潜れば、すぐにクマノミさんがお出迎え。警戒心が強いクマノミの写真を撮ると、いつも真正面の写真ばっかりでしたが、この時は近づいても全体像を見せてくれましたhappy01

20110718085224307_1jpg

今回の旅行もちょっとしたトラブル(略してちょトラ)が続出で、今となったらいい思い出ですが、当時は腹が立つやら、途方に暮れるやら、ホントいろいろありました。

このちょトラの模様は、旅行記に書きたいと思います。

え~、いつものことながら、いつになるやらわかりませんが、覚えていたらまた見に来てくださな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.07

フィジー旅行まであと1週間!

フィジー旅行まであと1週間となりましたぁ!happy01

会社の人からは、また海外?とか、また海?とか、また一週間も行ってくるの?など散々に言われれておりますが、毎年何だかんだ言われるのでこの旅行以外ほとんど有給休み取らず、この時の為に頑張っているんですから、文句言われる筋合いはないもん。

あ、ネガティブ発言から入ってしまったcoldsweats01

いやー、あと一週間。ブログを書いていてよりワクワクしてきました。

すでに、スーツケースも引っ張りだしてきて、スノーケリング道具のチェックも完了、服装も粗方選定済み。

今回のホテルはステレオ設備がないため、iPhoneにつなぐことができて、持ち運びにも最適で、それでいて6Wの出力があるスピーカーもご購入済み!

これで、朝の爽快な気分も、まったりな午後も、お酒を傾けながらのムーディーな夜もバッチリです。

ただ、1週間を切ろうとしているのに、まだ日程表とか届いていないんですよねぇ。。。

普通は10日前か、遅くても昨日今日くらいには届いているんですが。。。

明日には届くかな?今度の土日はザックリパッキングかなhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.07

フィジー旅行まで1ヶ月!

いや~早いもので、フィジー旅行まであと1ヶ月となりましたupnote

先日、残金支払の請求書が届きました。もうすぐなんだぁ~
と、思ったの束の間、燃油サーチャージの料金を見てビックリ!!!

なんと、一人50,000円!crying

大韓航空さん、ちょっと高くないですか?コンチネンタルとかは3万円ちょっとでしたよ。。。

でも、まあ久しぶりの透明度バツグン!お魚わんさか!珊瑚ピキピキ!のフィジーに行けるので、後は野となれ・山となれ・・

梅雨の日本を抜け出して、一足お先に夏を楽しんできます!happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.08

2011年夏旅行決定!

今年はちょっと早めに夏の旅行先を決定しました!

今回はすんなり「」。

しかも、今まで行った中で行き先を決めよう、ということになり、ハワイモルディブオーストラリア・・・

いろいろ考えた結果、「フィジー」に決定しました!

なぜ、フィジーか?というと、どこよりも海が綺麗で、どこよりも魚がたくさんいて、どこよりもサンゴがイキイキ元気だったからです。

でも、泊まるところもまったく同じ、というものも芸がないというか、つまらないので、あまり人が来ない、日本人の少ない、海が綺麗で、スノーケリング向きで、しかも安くて、という島に行くことにしました。

その島の名は、「マタマノア島」というところです。

ここは、12歳以下の入島は認めない、デイトリップは許可していない、全室33室という島で、前回お願いしたツアー会社ではキャンセル待ちしても予約が取れない、と言われたところです。

では、なぜ今回予約することができたのか?

それは、フィジー専門の旅行会社トーホートラベルさんにお願いをしたからです。

正直、いくら専門と言ってもダメだろうなぁと思っていたのですが、ちょっと厳しい条件さえOKすれば予約できる、ということでお願いをしたらすんなり取れてしまいました(^o^)

で、その厳しい条件とは、キャンセルの条件です。

通常よくあるのが、旅行日の45日目からキャンセル料がかかります。裏を返せば、45日前までだったら、キャンセルしてもお金がかからない。という契約条件だったりします。

でも、今回の場合は、何十日前とか関係なく、申込金を入れた段階からキャンセル料が発生します。しかも、45日を切ると、30%のキャンセル料coldsweats02がかかります。

まあ、以前聞いたところによると、欧米人やフィジーによく来るオーストラリア人と違って、日本人はすぐにキャンセルする、しかも滞在日数が少ない。

と、現地の人が言っていたそうです。なので、日本人向けの対策なのかもしれませんね。

ま、私達はキャンセルしないので、大丈夫。

とにかくフィジーに決定した、ということで、GWも終わってしまいますが、気分を切り換えてフィジーの為に働きますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.03

猿投温泉

iPhoneからの投稿テストを兼ねてのアップです。

猿投温泉へ行って来ました。
名古屋地方に住んでいる人なら、昔CMをやっていたので知ってる人も多いと思います。

ラドン温泉という日本の中でも珍しい泉質の温泉で、有名な所では秋田県の玉川温泉があります。

飲んで良し、入って良しの温泉で、痛風や高血圧、消化器系、循環器系などに効能があるとされています。

私の場合は、花粉症にも良いとされていたので行って来ました。

ここは、一人10リットルまでなら飲泉を持ち帰ることができるので、騙されたと思って飲んでみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.14

牡蠣食べ放題 谷川水産 浦村牡蠣

今シーズンも行ってきました!鳥羽市浦村牡蠣食べ放題!!

2010121001

今シーズンは、谷川水産さん。

ここは、ホームページを持っておられないので、穴場な感じ。でも、そろそろこの値段なので、ブレイクしそうな感じもあるかな。

谷川水産は「海の博物館」のすぐ近くなので、とりあえず海の博物館を目指して行けば、案内板がありますので、すぐにわかります。

2010121002

小屋はとてもシンプルな作り。ま、どこも同じような感じですけどね。
↑この写真の手前に駐車場があり、その目の前で牡蠣を焼いたり、蒸したりしてます。

2010121004

焼き牡蠣はこんな感じ。初めは私達だけだったので、これくらい。って言うか、私達だけなのに、焼きだけでこんなにも。

2010121005

蒸し牡蠣は、こんな感じ。焼きと同じく初めから20個くらいからスタートです(^o^)

2010121003

ここ谷川水産は、 浦村牡蠣の食べ放題の中でもダントツの安さ!なんと1500円で焼き牡蠣、蒸し牡蠣が食べ放題なんです。

その他に付いてくるのは、お味噌汁と牡蠣おにぎり。カキフライとか、牡蠣の味噌和えとかが付いてくるところもありますが、とりあえず牡蠣をたらふく食べたいので、これで充分!

2010121007

そのまま牡蠣を食べ続けるのも味が飽きるので、レモン汁やゆずポンなどを持っていきました。お店にも置いてありましたが、自分家で使い慣れたものを持っていくのが良いかと思います。

あと、今回は持って行きませんでしたが、もみじおろし、薬味ネギ、変わったところでサルサソースみたいなのも美味しいですよ。

そして、たいぶ食べてくると、ちょっと海水の塩味がキツく感じるので、お茶などは絶対に必要ですね。ま、自販機もありますのでそこで買ってもいいですけどね。

2010121008

二人で、このバケツ2杯ずつ。まあ、ざっと一人80個以上かな(^o^)

2010121009

谷川水産の裏手には、↓このような砂浜が数百mに渡って広がっていて、いろんな形の貝殻を拾うことができました。

穏やかな、とても綺麗な海です。

2010121010

そして、焼き牡蠣、蒸し牡蠣に飽き足らず、帰りに生牡蠣も食べに行きましたo(^o^)o!

2010121101

鳥羽方面から、浦村へ行く道中にある「中山養殖場」。

2010121102

ここでも、外で焼き牡蠣などをやっていますが、外の人を掻き分けて店の中へ。

中に入ったところで、「生6個!」などとお姉さんに言うと、順番に素晴らしい手際で牡蠣をさばいてくれます。

生牡蠣は、牡蠣と一緒に水が入ったボールを渡してくれるので、爪楊枝で刺して、水で洗って、レモン汁を垂らして、いただきます。

うまい!焼きも美味しかったけど、生牡蠣も美味しいなぁ~

ここ中山養殖場では、店頭販売だけでなく、お持ち帰りや宅配便での直送もやっていて、私達は20個入りを買って帰りました←どんだけ牡蠣喰うねん!

20個入り、軍手と殻開け用のナイフまで付いて1700円!安い!!

今度は、いつ行こうかな?(^o^)

谷川水産
住所:三重県鳥羽市浦村町1787
電話:0599-32-5848(食べ放題をやっている工場の電話)

中山養殖場
住所:三重県鳥羽市浦村町1212-5
電話:0599-32-5053

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.19

ハワイ島旅行!

早々と夏休みを頂き、ハワイ島へ行ってきました。

ハワイ島って、意外と「寒い」というのが一番の印象です。

特に私達が泊まったホテルのある辺りはハワイ島の中でも乾燥している所らしく、28度くらいあっても湿度がないので、肌寒く感じました。

Hawaii_070701

その代わり、雲もあまり発生しないので晴天率もかなり高いそうです。

私達が泊まってホテルはコナ空港から北へ約25分くらいのところにある、「マウナ・ラニ・ベイ・ホテル&バンガローズ」です。

ホテルとは逆に20~30分南下すると、コナの町があり、ハワイ島の中では繁華街(と言ってもしれてますが。。)となっています。

今回は、海はもちろん、やはり火山の島、ということで火口・溶岩ツアーも行ってきました。

Hawaii_070702

Hawaii_070704

昼の火口は、単に噴煙を上げているだけのように見えますが、夜になるとご覧の通り、実は中では溶岩がボコボコと煮えたぎっています。

昼の火口も壮大ですが、夜は地球は「生きている!」という感じですごいですね。

Hawaii_070703

そして、この↑写真は以前流れた溶岩が固まったもの。ドロドロさがわかりますねぇ。

このドロドロの溶岩は、「パホエホエ溶岩」というそうです。ちなみに、ゴツゴツした溶岩は「アア溶岩」というそうです。裸足で歩いたら痛くて「アア!」と皆が声を上げたので、その名がついてそうです。←ホントの話し

あと、今回の旅行の目玉は「マンタ ナイト スノーケル」です。

なんと、あの憧れのマンタが目の前で見れるのです。写真はボケボケでしたので、動画を撮影しました。

YouTubeにアップしましたので、そちらをご覧ください。小さい子は見ない方が良いかも。。。

第二弾をアップしようかな?と思っていますので気長にお待ち下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)